10年落ちした中古プリウスを売りたい、買いたい。バッテリーが心配なんだけど… 10年落ちした中古プリウスを売りたい、買いたい。バッテリーが心配なんだけど…

中古プリウスを売買するときの注意点

 
プリウスの中古車に関心がある人は結構います。
 
そして、売りたい人も買いたい人も、中古ですからバッテリーには不安を感じています。
 
現在の中古車だったら、10万キロ超えや10年落ちといったことは、売るにしても、買いたい場合でも問題になることはありません。
 
しかし、それがプリウスやホンダのインサイトなどハイブリッド・カーとなると話しは変わってきます。
 
トヨタの場合、駆動用バッテリー(走行用バッテリー)は10万キロか、新車登録から5年間の早いほうが保証期間です。
 
ちなみに、トヨタ公式サイトには駆動用バッテリーに関してこのように記されています。

駆動用バッテリーには寿命があります。
寿命はクルマの使い方、走行条件により異なります。
保証は新車を登録した日から5年間です。
ただし、その期間内でも走行距離が10万kmまでです。

 
しかし、2代目のプリウスを20台ほど導入したタクシー業者の例では、20万キロぐらいから燃費が落ち始めて、30万キロになる頃にはほとんどのバッテリーは使いものにならなくなったそうです。
 
タクシー会社ですから、メインテナンスはしっかりされていたと思いますが、駆動用バッテリーは意外とタフネス。
 
買い替えまで駆動用のバッテリー交換を経験しないオーナーさんも多いのかもしれませんね。
 

プリウスはバッテリー以外にも注意したい

ただし、駆動用バッテリー以外に、電気制御用のバッテリー(補機バッテリー)も使っています。そちらの交換は3?5年での交換が一般的です。
 
その金額は、3万円前後から6万円以上と、結構なお値段です。
 
また、インバーター(直流と交流を変換する装置)などの故障が、10年以上経ってくると懸念材料となります。
 
この修理には40万円以上掛かると言われ、買取業者も嫌います。いくら人気のプリウスといえども査定提示額が伸びません。
 
つまり、中古のプリウスを買いたい人でも、あまりに古いプリウスは敬遠するか充分に調べてからにしましょう。
 
逆に、プリウス(アクアなども)を売るなら、10年、10万キロになる前に乗り換えたほうがよいでしょう。
 
また、売る際には「現状での売却」を保証してもらうことに尽きます。
 
車買取業者には、独自の保証で、売却後のクレームに関して元オーナーには一切責任が問われない保証があります。
 
買取り車、全部に対して保証する業者もあるにはあります。
 
直接、車を見て査定をするのですから当然といえば当然です。
 
しかし、車の過去の悪い点に関しては全てを申告するのが義務ですが、ついつい忘れてしまうこともあり、完璧ではありません。
 
いいえ、出来ないオーナーがほとんどだと思います。
 
しかし、そこを突いてくる買取り業者もあるようです。
 
 
例えば、ビッグモーターのように保証料を取るところもあります。しかし、逆に有料であればより明示的になるので一概に損だとは思えません。
 
 
ある程度古いハイブリッド車の売買には保証を付けることは必要だと思います。
 
じゃないと、ガソリン代は安くなっても、故障時に大変な目に遭うことでしょう。
 
そもそも、ハイブリッドカーは本来の持つ車格よりはバッテリーなどハイブリッド部分が上乗せされています。
 
同じクルマでも、ガソリン車より軽油のディーゼル車が高いのとおなじです。
 
さらに、ハイテク化された車は、ただの軽トラックよりも断然、複雑になってしまいます。
 
残念ながら、故障する割合も高くなります。
 
また、その修理も、所謂、直すというより壊れた部品のリプレイスだったりします。なので割高になる傾向です。
 
 
ちょっと視野を広げてみると、ハイブリッド車以外の燃費も信じられないくらいよくなっています。
 
いまではハイブリッドだけがエコだと思うのは間違いです。
 
ガソリンのコンパクトカーも車選びの際に考えるとよいのではないでしょうか。
 
選択肢がすこし広がり、あなたらしいクルマ生活が、はじまるでしょう。
 
もちろん、その上でプリウスも大いにけっこうです!
 
「あなたらしい」って大事かなって思いますよ。
 
 
TOPページへ戻る
 

プリウスの中古車とバッテリーの関連

 
【関連サイト】
 
車査定 電話
シャトル下取り
アルファード下取り
クラウン下取り
車査定ランキング